春休みの前に有り難い3連休がやって来ましたが、どこか出掛ける予定にはしていません。

連休中はショッピングモールも飲食店も混むだろう?無理して行って人ごみに巻き込まれるくらいなら、私は家でゆっくり過ごそう。

そのつもりにしていたら、翌朝、家族の誘いで梅を見に行くことが決定しました。

近場だったら断ろうと思っていると、三重県いなべ市農業公園の梅だったので行く気満々。

いなべ市農業公園の梅は4回以上見に行っていますが、毎年すごい人で賑わっているため、駐車場に車をすぐ止められないことが多いのです。

会場では、毎年のように京都、大阪、和歌山など東海ナンバー以外の車も見かけることから、人気があるのがわかります。

調べたところ、敷地内に咲いている100種類4500本の梅を見るために毎年4万人訪れるのです。

梅1本1本の美しさに感動するというよりも、まとまりで見たときにいろんな色が混じり合っているのが美しくうっとりする。

歩いて1本ずつ見るのもいいですが、ここは全体を見渡せる会場があるため、高いところから咲いている梅を一気に眺めて楽しむこともできるんです。

私は行きと帰りに、高いところから見下ろしてシャッターをバシャバシャ切るのが醍醐味。

今回も行ってきました。

連休だったことで会場入りする途中、たくさんの車に巻き込まれて15分渋滞。

そこがまず残念。もっと残念だったのが昨年まで車1台につき500円の入場料だったのに、1人につき500円の入場料に変わっていたことです。

係員にたずねたら、今年からそうしてるとのこと。

予期しない出来事で残念だったけど、お金準備してきて正解でした。

会場の梅は満開になっておらずこれからが楽しみな雰囲気。1本ずつ見ていったとき、天に向かって枝が伸びているものもあって元気です。ブリアンはフッ素と併用できますか?